Victoriaの日記

Victoriaのつれづれ日記です。

こんにちは。Victoriaです。

引っ越しにせよ、
人間関係にせよ、
ひとつずつ、
できることから順番に、
ゆっくり確実に、
でも立ち止まらず、
こなしていくしかないんだなあというのが、
今の心境。

一足飛びにすべてがビシッと片づく!なんてのは、
現実にはあり得ないわけで、
もしそういうことがあったら、
絶対どこかで揺り戻しが来るから、
ひとつひとつていねいに積み上げていくのが、
最善の策なんだよなあ・・・

ただ、
背負える荷には限度があるので、
そこで、
選別はあるから、
ごめんなさい、
これ以上はムリですっていう見極めも大事。


ええ、
いろいろ言ってますが、
メンドクサイ人間関係に嫌気がさし、
テメェ、いい加減にしろ!と言いたい気満々なんだ、
実は・・・



Victoriaでした。

 

こんにちは。Victoriaです。

現在進行形で巻き込まれているプチ逆恨み的な人間関係のもつれ。
考えてみれば、
出だしからその芽はあって、

同じ人の行くところ、行くところで、
必ずといっていいほど、
何かの悶着があり、
関係者の誰かが嫌気がさして現場放棄するという着地点を見いだすまで、
そのいざこざは続くのが常で、

聞いてみると、
さほど深刻な理由でもなさそうだったので、
軽くいなして、
やり過ごしていたけど、
ついに、
それも限界か?


レッテル貼りをするつもりはなかったけど、
トラブルメーカーと認定して、
何らかの措置をとる方向でいた方がいいのかも?


何しろ、
物理的に断捨離真っ最中なもので、
今なら、
どんな断捨離にもためらいがない。

人の心は物ではないので、
納得感が大事、
一方的な断捨離はありえないから、
時期を待つべし・・・


とはいうものの、
ホントに意味わかんない場合は、
距離をとる判断も必要よね・・・




Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

ここ数年、
毎年のように引っ越しを繰り返し、
その度に荷物を半分減らしているので、
今では、
数年前の何分の一かの、
一軍選手たちのみが、
身の回りに残っております。

これ、
ぜ~んぶ、
元はといえば、
汗水たらして働いたお金で買ったものなのよね?
お金、
残らないはずだわ、
しかも?
これらは物として残っているから目に見えるけれども、
消えていったものにこの何倍ものお金つぎ込んでいるわけだから、


そんなにあくせく働かなくても、
買い物しなければいいのよ?
ね?



 引っ越し準備にかなり飽きて、
パソコンの前でぐったり。


とりあえず、
本はすべて電子書籍になること強く希望。


紙は重い。


Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

引っ越し準備も佳境に入り、
もう荷ほどきするまで使わないよね?という確認作業すらめんどくさい・・・


そして、
頭をよぎるのは、



もう、めんどくさい。
全部、捨てちゃえばラクなのに・・・




ええ、
わかりましたよ、
断捨離、断捨離とブームになっておりますが、



かたづけるのめんどーだから、
全部捨てちゃえ!




というのは、
悪魔のささやきなんだと・・・


たしかに、
ぜ~ぶ捨ててしまえば、
一からやり直し!
そっちの方がよっぽどラクなんだけど、



お金かかるでしょ?
使えるものは使いましょうよ、ね?




がらくたに見えても、
必要なものは意外に多いものです・・・




Victoriaでした。

 

こんにちは。Victoriaです。

もうダメかもしれないと思う人間関係がありまして、
本当の理由はよくわかりませんが、
明らかに、
間違った方向に反応され、
反発を食らう事案発生、
これは、
何らかの決断を迫られるか?とちょっと気をひきしめております。

人間関係は、
因果応報だと思っているので、
100%どちらかが悪いということはあり得ず、
ただ、その中で、
お互いが歩み寄り、
前進していこうという合意があれば、
道も開けるのだけど、
破壊的な方向にしか進める気がない当事者がいる場合、
他の人に不快感しか抱かせないというだけの理由でも、
距離をおく十分な理由になり得るのかなと。

まったく、
思いもよらない方面から矢が飛んできて、
予想外過ぎて、
ちょっと面食らってるのが正直なところ。

人の心は読めない。

Victoriaでした。
 

↑このページのトップヘ