Victoriaの日記

Victoriaのつれづれ日記です。

2015年09月

こんにちは。Victoriaです。

やっと九月が終わった。




今月は、
川島なお美さまが亡くなったりして、
命とか健康について考えることの多い月だった。





川島なお美さまは、
覚悟の死だったから、
身辺整理は済ませてあったらしいし、
夫とも、
最期の時について、
十分話合いはなされていたにちがいないけど、





その時ってのは、
やっぱり、
突然、やってくるんだなあ・・・





死って、
決して戻ってこれない片道キップみたいなもの、
そう思うと、
全然特別なことじゃないし、
痛いとか苦しいとかつらいとかは、
たぶん、
もっとすごいものが、
生きてる間に起こり得るんじゃないかと思うから、
恐れることはないのだろうけど、






突然、
こちらの心の準備ができていない時に、
容赦なく襲いかかり、
やり直しがきかないという点で、
人生に起こる他の出来事とは決定的に違うんだ、





月並みだけど、
一日、一日を大事に生きていこう。





Victoriaでした。 

ただ今、
職場の電気が消えてパニクっております。
ブレーカーが落ちたのだが、
ブレーカーのある部屋の鍵がかかっており、
管理人がいないため、
復旧不可能。




幸い、
ビル全体が停電したわけではないので、
今、
明るいところへ、
机移動させて、
サバイバル授業中。
生徒大喜び。




そうよね、
アクシデントってのは、
いつでも楽しい。





のんきにブログ書いてる場合じゃないってか?
記録残してるんですよ、
いつ停電したかなって永遠にわかるように。





この件担保に、
大家さん、
家賃サービスしてくれないかな・・・ 

こんにちは。Victoriaです。

友人に、
元気な女子が多く、
50歳を過ぎてから、
急に選挙に出るというので、
時々手伝いに行くんだけど、




「立候補するかどうか難しい選択をせまられました」
「苦渋の選択でございます」
「清水の舞台から飛び降りる覚悟です」





 
な~んて、
かなり悲壮感漂う演説をしているのを聴いていて、
それは違うだろうと思った。





あなた、立候補を決めてから生まれ変わったように生き生きしているじゃない?
日焼けしてるはずなのにお肌つやつやで。
それに、よく考えたら、
選挙で当選する確率って、
地方選挙だとかな~り高いのよね(首長なら3倍とか、議員なら1.2倍とか)。
世の中には、
倍率100以上の求人もいっぱいあることを考えると、
結構、穴場なのでは?






 
そのことに気づき、
本気で応援するの、やめたっす。





だって、
本人、めっちゃ楽しそうなんだもん。
大人の部活って感じだよ、ありゃ。





当選したら、
給与だって独り占めなんだし、
がんばってください。





冷たい有権者、
Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

日焼け止めは、
ずーっとフェリーチェトワコを愛用している私、
ショップは青山にしかないので、
滅多にお買い物できないのですが、




時々、
QVCでセールやっているので、
チェックしていたところ、
先日、
QVCデビュー6周年セットというのをやっていて、
なかなか内容が充実していたので、
即、購入。 





決め手となったのが、
BBポアカバークリーム。




要するに、
毛穴レスにしてくれるBBクリームで、
SPF50なので日焼け止め効果もバッチリ!だから、
これ一本でいけるかな?と思って。





感想 : ええ、なかなかよいです。たしかに、毛穴レスにしてくれるみたい・・・





いっしょについてきたポアカバーヴェールというフェイスパウダーも、
単品で使うと白すぎるんだけど、
BBクリームの上からうす~くのせると、
なかなかいい感じ。




洗顔ムースとミストはおまけだけど、
ローズの香りがするので、
お気に入り。





こういうセットものは、
わりと、
使えないものが入ってきたりするんだけど、
今回は、
しっかり事前に確認して、
捨てるものがなさそうだったので、
買ってみた。





BBクリームなのに、
寄れないし、
もたつかないので、
クリームファンデよりも優秀かも。





ホント、
最近、
ファンデーションの存在意義って何?って思い始めてる・・・





Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

今日も、
体力の消耗が激しかったので、
お昼にヘロヘロになり、
これは、
適当なものを外食していたらまた胃をこわすと思ったので、
スーパー寄って、
大量に肉購入し、
そのまま、
タクシーで帰宅。




荷物が重いからといって近距離タクシー使って帰宅するのは、
むか~し、パチンコで勝ちすぎて、景品の山をタクシーに詰め込んだ時以来だ。




 
急ぎ、
肉汁作って、
心ゆくまで食べたら、
疲れがいっぺんにとれた!




肉、強し!




タクシー使うのはぜいたくなんだけど、
それで疲労が軽減されることを思えば、
たまには必要な出費でしょうと、
アラフィフの私は思う・・・





Victoriaでした。 

↑このページのトップヘ