Victoriaの日記

Victoriaのつれづれ日記です。

2016年01月

こんにちは。Victoriaです。

あの日
小保方晴子
講談社
2016-01-28



読みました、
あの小保方さんが書いた手記。



感想 : うん、これは、オボちゃんが、全部、自分で書いてるね、たぶん・・・



うまい文章だなとも言えるし、
緩急がなくて退屈だとも言える。



手記って、
こんなものなんだろうという印象で、
つまり、
何かを言いたくて書いているのではなく、
魂のリハビリ?みたいなものっていうのかな、




ここまで、
小保方さん、
回復したんだ、
たぶん、
この本の編集者以外の人とは、
誰ともしゃべらない生活だったんじゃないか、
そんな気がする。




何か、
これ読むと、
新たな事実がわかるとか、
そういうことはなくて、





80%は実験の手順の話で、
早い話、
理系の内容なので、
興味のない私にはまったく頭に入ってこない内容で。





笹井教授がなくなったところの記述なんか、





笹井先生がお隠れになった。





という一行のみで、





これは、
源氏物語の、





雲隠





のパクリではないか?
と思ってしまったのだが、





たぶん、
STAP細胞の事件は、
小保方さんが仕組んだとかそういうことではなく、
よくわかんないけど、
不幸な偶然の連続と、
研究者たちの嫉妬や悪意が相まって、
わけわかんない方向にねじれてしまったんだろうと思う。





小保方さんも、
まだ若いし、
人生まだまだこれからだから、
手記を出すくらいのことはしないと、
やってらんないよね。





やっぱり、
笹井先生は、
死ぬべきではなかった。




あの当時の混乱を乗り切れば、
もっと冷静に、
いろいろわかったこともあっただろうに。




STAP細胞事件当時のVictoriaの日記はこちら。
小保方
笹井





あの日【電子書籍】[ 小保方晴子 ]
あの日【電子書籍】[ 小保方晴子 ]




小保方さん、
これからどうするのかな?





手記を出したことで、
一矢報いた面もあるだろうし、
新たな一歩を踏み出してほしい。





捨てる神あれば、
拾う神あり。





絶対、
居場所はあると思うから。





Victoriaでした。




 

こんにちは。Victoriaです。

めっちゃ寒くなって、
インフルエンザも流行っているし、
用心しなきゃと思っていた矢先、


風邪ひいたみたいだ~~~~~



カイロを貼りまくって防寒してますが、
喉が痛いよ?



Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

FBは、
別にどうでもいい他人の予定を見せつけられるのがウザいので、
あまり見たくはないにもかかわらず、
動静を把握しておいた方がいい人をフォローする利便性には勝てず、
毎日チェックしていますが、


ふとした弾みに、
知らない方がよかったという、
誰かさんと誰かさんのおしゃべりを目にしたり、
単に、
「いいね!」してるのが目に入るだけで、
気分がドヨ~ン!としてしまう私は、
ヘタレでしょうか?


いやもう、
最近、
FBは99.9%、
人生におけるノイズのような気がしてきた。


完全、
アプリ消去したほうが、
身のため?



Victoriaでした。
 

こんにちは。Victoriaです。

この映画を見て→映画『ずっと、いっしょ』 
他人(この映画の場合は家族)に対して「期待」するというのと、
「欲」を出すというのは、
全然違うんだということに、
今さらながら気づかされたんだけど、



期待はね、
した方がいい、
それは、
前進するという証だし、
希望を持ってるということだから。



他人の期待に応えようというところから、
生きる気力というのはわいてくるものなので、
あなたに期待していますということは、
どんどん表明していったほうがいい。




だけど、
他人(特に家族)に対して、
何かをしてあげる時、
見返りに何かを求めるというのは、
期待を越えて「欲」になってるわけだけど、
あれは、
まちがった態度なんだなあ・・・




結局、
自分に対する見返り、
それがただ単に、
自分のやったことが報われたという自己満足に過ぎなかったとしても、
欲がホンの少しでも入ると、
もうそれは、
純粋な愛情ではなくなり、
相手のことを100%考えた思いやりからはかけ離れたものになる。




親子関係でもあるけど、
やってあげるんだから、
オレの意見も聞けよ、とか、
やってあげるのはいいけど、
そのかわり、
私のスケジュールに合わせてね、みたいなエゴが出てしまって、




そういうのって、
相手には伝わるんだなあ・・・




だから、
やってもらって悪いなとは思いつつ、
心から喜べなかったり、
なんか、
束縛感が先にたって、
逃げ出したくなったり・・・




愛情とか思いやりを受け取るのも修行だけど、
愛情を与える立場の人は、
もっともっと修行が必要なんだね・・・



結局、
見返りを求める愛情や思いやりは、
偽物だっていうそれだけのことなんだけど、




報われないと、
相手に、
わかってほしいと思って、
アピールしたくなるけど、
そうなってる時点で、
相手にはウザがられているので、
全然、
逆効果なんだよね・・・




とかね、
考えていると、
めんどくさくて、
人に親切になんてできないじゃない?



深いこと考えず、
やったことは、
すべて忘れていく方式が、
一番スッキリしてる気がする・・・




人生はめんどうです。





Victoriaでした。 

↑このページのトップヘ