Victoriaの日記

Victoriaのつれづれ日記です。

2016年12月

こんにちは。Victoriaです。

今日は、母の買い物代行ミッションが無事終わり、
よく考えたらそれ以外に大した用事もなかったのに、
十分、充実した一日だった気がして、




つくづく、




役立ち感のある忙しさがあれば、
幸せなんじゃないか?





と思った一日でありました。 





なんだかんだ言って、
家族の用事で毎日が忙しく、
あっという間に一日が過ぎていくタイプの女性がまぶしく輝いているのは、



「役立ち感」



なんだろうなあ・・・ 




・・・ということで、本日の結論 :




もっともっとこき使っていただいても大丈夫!と自信をもっていえる体力つけるようがんばります。




Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

去年、
たぶん、冬の終わり頃だったと思うんだけど、
鶴橋の駅前商店街を歩いていたら、



焼き肉屋さんの間にちっちゃな靴屋さんがあって、
そこのおばちゃんと目が合い、
なんとな~く引き寄せられ、
なんとな~くおしゃべりしながら試着してたら、
なんとな~くすすめられた靴を2足購入することに。



完全な衝動買い。



決め手は、
どう考えてもお買い得なお値段。




ブーツとパンプス2足で、
3万円でいいって。



ホントは、
5足くらいすすめられたんだけど、
さすがにそんなに持って帰れないし、




現金でっていうのがおばちゃんの条件だったから、
その時の手持ちがちょうど3万円で、




やや、
押し切られた感はあったけど、
その日は、
一仕事終えてやれやれっていうのもあったので、
自分へのごほうびだと思って買ったのが、
GABORのブーツ。




去年はあまり履く機会がなくてわからなかったけど、
今年に入ってバンバン履いていたら、
履けば履くほどよさがわかってきて。




調べてみたら、
GABORって、
そんなお安いメーカーじゃないっぽい。




ひとつはこれと似た感じなんだけど、
一足で3万以上してるし。

ドイツ Gabor (ガボール)   【送料無料】外反母趾に優しい コンフォート レディース パンプスストレッチ機能付き前ベルトでしっかりと固定クッション性のある中底と内側は天然皮革です。
ドイツ Gabor (ガボール)   【送料無料】外反母趾に優しい コンフォート レディース パンプスストレッチ機能付き前ベルトでしっかりと固定クッション性のある中底と内側は天然皮革です。 







やっぱり、
ドイツ製の革製品は品質がいい?




色違いで欲しくなったので、
鶴橋行こうかとちょっと本気で思ってる。





大阪でするお買い物は、
海外旅行と同じくらいスリリングだから好き。





うん、
ついでにたこ焼きも食べてくるかな。





Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

父が亡くなってから、
一人暮らししている母の運転が危なくて危なくて、



車線を間違っただの、
駐車場の車止めを乗り越えて車道に飛び出しただの、
ホラーな話ばかりするので、
運転やめろと再三言っていたのに聞く耳もたなかったのが、



あるきっかけで、
車を手放すことになり、
あっさり運転やめたのでほっと一息。



つく間もなく、
次の難題が。




買い物難民になったあああああ!!!!!




目と鼻の先にスーパーあると思っていたんだけど、
なんでもそろうわけじゃないし、
右も左も両方乳がん摘出手術して、
重いものが持てないので、
日々の買い物は何とかするとして、
まとめ買いができない~~~~~




というので、
明日、早起きして、
行ってきます。




・・・ということで、本日の結論:



団地は不便だ。




頼むから駅ビルの中に住んでくれ。



Victoriaでした。

 

こんにちは。Victoriaです。

Victoriaの日記をしばらくお休みしておりましたが、
「やめる!」と決めてやめたわけではなく、
今までVictoriaの日記を書くのにあてていた時間に、
別の習慣をはめたので、
なんとなく遠ざかったというのが一番の理由。



ええ、
Victoriaの日記は「習慣」ですので、
忙しいから書く時間がないとか、
暇だからたっぷり書けるとかいう問題ではなく、
他の習慣に場所をとられて、
自然にフェードアウトしたっていうね、
公式な理由はそんな感じです。




でも、
もう一つの理由がありまして、




「ふざけている場合ではなかった」。




Victoriaの日記を書く時にお前はふざけているのか?




ええ、だいたいそんな感じ。




なんていうか、
人生なるべく深刻になりたくないっていうのが私のモットーらしく、
他人が眉間にしわよせてるような時に限って、
ふざけてしまうっていうのはクセになってて、





それで、
結構、周りの人を怒らせたりとか、
マジメな話してても信じてもらえないとか、
いろいろデメリットもありますが、





常に、
もっと最悪な事態を想定して、
現状を淡々と受け止めるって、
立派な危機管理だと思うんだけどね。




だけど、
そんな余裕をかますことすらできないくらい、
追い込まれていたのか?っていうと、
そうでもないんだけど、




普段のテンションを自分なりに一段上でキープするために、
Victoriaの日記を書くことで、
脱力することを封じていたと言えなくもない。




結果、
生まれ変わったのか?





そうだねえ・・・
多少、
変わった部分はあるかもしれない。




人生に対する覚悟が、
具体的になってきたっていうか、




以前ならケンカになってがっぷり四つになってたであろう相手と、
ケンカになる手前で決着つける水際作戦がうまくなったかも?






結局、
人生のキーワードが「ケンカ」である点で、
何も成長してません。





・・・ということで、本日の結論 :




Victoriaの日記をお休みしたら、
他人のブログとかツイッターを読む時間が増えただけだった・・・





あと、
せっかく思いついたオモロイ話は、
すぐに書き留めておかないと永遠に忘れてしまうことにも気づいた。





ブログって偉大・・・





Victoriaでした。






 

↑このページのトップヘ