Victoriaの日記

Victoriaのつれづれ日記です。

2017年02月

こんにちは。Victoriaです。

最近、
これ使っていて、

コットンにあらかじめ化粧水がしみこませてあるだけのものなんだけど、
シートマスクと違って、
小さなコットン4枚で一組なので、
顔全体にはれないけれど、
頬にのせるだけなので、
かえって使いやすい。


顔全体のシートマスク って、
液だれするほど美容液が含ませてあって、
ちょっともったいない感がある。


ちょうどクレンジングがなくなったので、
このシリーズで買おうかな、と。

Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

最近、
アポなしでセールスにお邪魔することが多くて、
各方面にご迷惑をおかけしているのですが、


お礼を言うのはこちらの方なのに、
寒い中ご苦労様と、
お茶を出してくれたり、
手土産を持たせてくれたりする方がいらっしゃって、
そのたびに、心があったかくなり、



手土産というのは、
思った以上に威力があるのだ




ということを思い知りました。



なので、
ふと気づいた時には、
自分も何か先方に手土産をお持ちするようにしています。



なぜ、
街中や駅に、
ケーキ屋さんや和菓子屋さんがあるのか?
これからお訪ねする先方のことに思いをはせて、
何かお持ちしようと気づくタイミングがそこだからなんですね。



あと、
大切なことは、
絶対自分で食べてみて、
おいしいと思ったものをお持ちすること。




適当に選ぶと、
とんでもないものだったりするから。




ケーキ屋さんで一番よく売れるのは、
実はシュークリームだというけど、
手土産としては、
手頃な価格、
誰にもなじみのある味、
適度なボリューム感、
道中、多少の揺れがあってもつぶれない、
などなど、
いろんなハードルをクリアしているからなんですね。




手土産マイスター目指すぞ!





Victoriaでした。

 

こんにちは。Victoriaです。

こっそり告白いたしますと、
ずーっと、
理不尽な要求をしてくる人に悩まされておりました。
理不尽な人というのは、
理不尽であるがゆえに、
次の一手が読めないので、
いつも、
先手を取られ、
相手のペースに巻き込まれて、
異議申立をする私の方がよっぽど理不尽だ、みたいな絵図におさまっておりまして、
はっきり申し上げて、
相当なストレスだったんでございます。


それが、
ついに自然消滅する運びとなりまして、
理不尽なことを言い続けるのもエネルギーがいるから、
ガス欠になったんだと思うのでございますが、
別のフィールドへお移りになるということで、


とたんに、
それこそつきものが落ちたみたいに、
私の体調が激変いたしまして、
もうびっくりでございます。


人間関係のストレスは、
通り過ぎてはじめて、
その大きさに気づくのでございますね。


渦中で大きさを感知してしまうと、
つぶされてしまうから、
自己防衛反応なんでございましょうね。



いい経験になったと感謝しておりますが、
やっぱりない方がよろしゅうございますね。
重しが取れた途端、
新しいアイデアは湧いてくるし、
人間関係も大きく変わって、
1万倍楽しい。




Victoriaでした。 

こんにちは。Victoriaです。

人生、山あり谷ありといいますが、
あるのは、
山にしろ谷にしろ起伏のある人生と、
真っ平らな平坦な人生で、



逆説的ですが、
真っ平らな人生送ってる人のほうが、
起伏に慣れてないので、
ほんのちょっとの段差があるだけで、
ぎゃあぎゃあ言うけど、



もともと、
山あり谷ありの人生が基本形の人は、
起伏があるのが当然と思っているので、
何か起こっても、
全然動じない。



そして、
起伏に耐えられない人は、
自然と真っ平らな人生を選ぶようになっていくので、
ますます、
変化のない景色ばかりを眺めることになる。
年をとると保守的になるというのは当然で、
だって、
坂道登るの疲れからイヤだってなるよね。



で、
自分はどうしたいのか考えてみたんだけど、




まだ、
もう一山登りたい。




ので、
筋トレするね。




Victoriaでした。
 

こんにちは。Victoriaです。

シーズン毎に、
いろんな「マイブーム」がおとずれますが、
この春は、



靴が欲しい。




 もう、かれこれ、
1ヶ月くらい、
ネットでチェックしていて、
何度かポチる寸前まで行った靴が、
本日、
セールになっていたので、
ついに注文。




靴はね、
サイズがなかなか合わないから、
ネット通販は賭けなんだけれども、
ダメなら返品すればいいから、
注文することにした。





だって、
買うまでずーっと同じ画面を毎日毎日見るに決まってるんだもん。




Victoriaでした。 

↑このページのトップヘ