Victoriaの日記

Victoriaのつれづれ日記です。

タグ:笹井

こんにちは。Victoriaです。

小保方晴子「あの日」を読んだので、
こちらも読んでみました。

捏造の科学者 STAP細胞事件
須田 桃子
文藝春秋
2015-01-07




感想 : うん、事実は限りなくこちらに近いんだろうな・・・




著者の須田桃子さんは、
小保方さんが『あの日』の中で、
殺意すら感じたと名指しで批判されていた方。



たくさんいたマスコミ関係者の中で、
須田さんだけ実名告訴されていたから、
よっぽどキライだったんだろう。



須田桃子さんは、
小保方さんと同じ早稲田大学大学院の出身で、
年も8歳須田さんが年上なだけなので、
いろいろ近いがゆえに、
うっとおしい存在だったんだろう。



そういえば、
記者会見でも鋭い質問の矢を放っていたような・・・




ただ、
これ読んでも、
事件の全貌が明らかになったわけではなく、
これはもう、
迷宮入りですね、たぶん・・・



富や名声が欲しかったというような、
単純な動機でなされた捏造ではなさそうだし、
当初言われたような、
笹井教授と小保方さんの不倫関係なども、
なかったみたいだし、



もっと早い段階(例えば修士論文あたり)で、
コピペが発覚し、
怒られていればこうはならなかっただろうし、



理研の中でもエース級の笹井教授に見いだされるということがなかったら、
小保方さんの論文が日の目をみることもなかった。



不幸な偶然の連続で、
こうなっちゃったっていう、
まさに、
ドラマですね・・・



ただ、
女として、
こういうタイプは、
別に珍しくもなんともないし、
真面目な方々は、
ご自分たちが真面目なゆえ、
細胞レベルでウソつきが常態化している人間がいるなんぞ、
思いもよらないっていうね、
それだけのことかなと思います。



ただ、
こういう人が一人いると、
巻き込まれた人間は、
片っ端から本性が暴かれていくので、
つらい・・・



小保方さんの指導教官だった方たち、
形無しですね・・・




Victoriaでした。


捏造の科学者 [ 須田桃子 ]
捏造の科学者 [ 須田桃子 ]
 

こんにちは。Victoriaです。

小保方さんの本が出たら、
あの日
小保方 晴子
講談社
2016-01-29


すぐさま、
亡くなった笹井教授の奥さまのインタビューが出たので、
週刊誌買いに走りました。






感想 : 予想通り、笹井教授の奥さまはできた方です。




週刊新潮は単独インタビューをしているので、
奥さまのコメントもかなり長い。



週刊文集は、
奥さまのコメントが短い分、
若山教授夫人のコメントもとっています。




笹井教授の奥さまは、
笹井教授が亡くなった日の朝のことを鮮明に覚えていらっしゃって、




たしかに、
騒動が起きてから、
入院するぐらい憔悴していた教授が、
あの日に限って、
早起きして、
まるで出張に出かけるかのような元気さで、
いつもどおり自転車で家を出て行ったんだそうだ。





だから、
警察から連絡があった時は、
人違いじゃないかと思ったくらいだったとか。




そうだよね、
ホントにダメな感じだったら、
出勤させないと思う、
こんなよく気がつく奥さまだったら。




小保方さんに関しては、
一度も会ってないらしいけど、
教授と男女の関係にあったとは思っていらっしゃらないみたいだし、
一度会っていろいろお話してみたいとまでおっしゃっていて、



たぶん、
それは本音なんじゃないかなあと思う。



やっぱり、
突然夫がいなくなってしまったわけだから、
「どうして?」というのを、
本当は夫に聞きたいわけだけど、
それは無理なので、




だったら、
夫が遺書を残すくらい、
直前に一番関わりのあった小保方さんに会って、
亡くなる前の夫のこと、
妻である自分の知らない夫のことを知りたいと思うのは、
当然なんじゃないか。



小保方さんの手記に関しては、
自己愛に満ちているとかいろいろ言われていて、
それはそうだろうと思うけど、



小保方さん自身も、
人生、めちゃくちゃになってしまって、
死なずに生きているのが奇跡なくらいなわけだから、
自己愛だろうが何だろうが、
気の済むまで、
言いたいことをいう権利はある。




笹井教授の奥さまもおっしゃっているように、




「理研は守ってくれなかったし、若山教授も協力してはくれなかった」




そして、
亡くなってしまわれる最大の原因となったのは、
CDBの解体で、





小保方さんの論文の話が出たのは、
笹井教授の長い研究者人生の中で、
最後の一瞬のことで、





CDRは、
いわば、
笹井教授の人生の集大成だったわけだから、
それを、
「改革委員会」まで作って解体されてしまって、
完全に自分を見失ってしまったのではないか。




笹井教授の奥さまによれば、
最初は、
小保方さんに心酔していた笹井教授も、
様々なねつ造疑惑が出てから、
小保方さんには科学者としての資質がないということに、
むしろ、驚愕していたくらいで、




だから、
理研が笹井教授を守る手立てを取っていれば、
小保方さんのことは遅かれ早かれ、
論文撤回することで問題の収束がはかれることは時が証明してくれたわけだから、
亡くなることはなかっただろう。




もし、
百歩譲って、
マスコミがかき立てた通り、
二人の間に男女の関係があったとしても、
だからといって、
笹井教授の功績に何らウソ偽りはなかったわけだし、




税金使って研究してるんだから、
何でも公表する義務があるってマスコミは勝ち誇ったように言うけど、





まあ、
それはそうだけど、




人の知らないところで、
寝る間も惜しんで研究に没頭してるところは不問にふして、
何かスキャンダルめいたことがあった時だけ、
やれ、公僕だ、税金泥棒だって騒ぎ立てるのは、
フェアじゃない。




笹井教授は、
真面目で、
研究一筋に生きてきた方で、
たぶん、
浮気とか不倫とかは無縁だったんじゃないか、




そういう人が、
研究室で若い女性と!なんて、
あからさまな「優等生いじめ」だろう。




私も、
実際、
小保方さんの本で、
読むことができたのは2割くらいで、
あとの8割は、
たしかに小保方さんの自己満足な日記だと思うから、
この本出したからといって、
小保方さんの「ねつ造容疑」が晴れたわけではないけど、




若山教授にはしご外されて、
小保方さんと笹井教授が孤立していったというのは、
ある程度、
本当なんじゃないかな。




ホント、
笹井教授、
死ななくてもよかったのにね。




変なナレーションつけて、
お二人のメールを読んだNHKの罪は重い。




とにかく、
笹井教授の奥さまが、
おつらいとは思うけど、
ある程度乗り越えられて、
強く生きておられることがわかってよかった。




滅多に買わない週刊誌買っただけのことはありました。




あの日 [ 小保方晴子 ]
あの日 [ 小保方晴子 ] 
【新品】【本】週刊新潮
【新品】【本】週刊新潮 




Victoriaでした。
 

こんにちは。Victoriaです。

あの日
小保方晴子
講談社
2016-01-28



読みました、
あの小保方さんが書いた手記。



感想 : うん、これは、オボちゃんが、全部、自分で書いてるね、たぶん・・・



うまい文章だなとも言えるし、
緩急がなくて退屈だとも言える。



手記って、
こんなものなんだろうという印象で、
つまり、
何かを言いたくて書いているのではなく、
魂のリハビリ?みたいなものっていうのかな、




ここまで、
小保方さん、
回復したんだ、
たぶん、
この本の編集者以外の人とは、
誰ともしゃべらない生活だったんじゃないか、
そんな気がする。




何か、
これ読むと、
新たな事実がわかるとか、
そういうことはなくて、





80%は実験の手順の話で、
早い話、
理系の内容なので、
興味のない私にはまったく頭に入ってこない内容で。





笹井教授がなくなったところの記述なんか、





笹井先生がお隠れになった。





という一行のみで、





これは、
源氏物語の、





雲隠





のパクリではないか?
と思ってしまったのだが、





たぶん、
STAP細胞の事件は、
小保方さんが仕組んだとかそういうことではなく、
よくわかんないけど、
不幸な偶然の連続と、
研究者たちの嫉妬や悪意が相まって、
わけわかんない方向にねじれてしまったんだろうと思う。





小保方さんも、
まだ若いし、
人生まだまだこれからだから、
手記を出すくらいのことはしないと、
やってらんないよね。





やっぱり、
笹井先生は、
死ぬべきではなかった。




あの当時の混乱を乗り切れば、
もっと冷静に、
いろいろわかったこともあっただろうに。




STAP細胞事件当時のVictoriaの日記はこちら。
小保方
笹井





あの日【電子書籍】[ 小保方晴子 ]
あの日【電子書籍】[ 小保方晴子 ]




小保方さん、
これからどうするのかな?





手記を出したことで、
一矢報いた面もあるだろうし、
新たな一歩を踏み出してほしい。





捨てる神あれば、
拾う神あり。





絶対、
居場所はあると思うから。





Victoriaでした。




 

こんにちは。Victoriaです。

ずっと笹井教授の奥様の情報がなくて、
これほどのニュースになりながら、
すごいガードされているのだなと思っていたのだけれど、




この記事によると→笹井芳樹(理研 副センター長)を追い込んだ「小保方への愛情」と「山中教授への対抗心」「逃げ場」も「勝ち目」もない。あるのは絶望だけだった 




奥様の方が、
笹井教授より先に追い詰められて壊れていたという。




(以下、抜粋)



 「笹井さんよりも先に精神的にまいってしまったのは、奥さんのほうなんです。騒動が起きてから、近所に『主人のことでお騒がせして申し訳ございません』と謝りに回る毎日でした。ある日、スーパーの買い物袋を手にしている奥さんを見かけたんですが、目はうつろで、憔悴しきっていました」(笹井氏自宅の近隣住民)

笹井氏の夫人は元キャビンアテンダントで、氏が医学部客員研究員だったカリフォルニア大学ロサンゼルス校から帰国した'96年に結婚した。夫は日本を代表する科学者で、妻は元CA、子宝にも恵まれた。さらに笹井氏の実兄は大阪の大学病院で幹部を務めているエリートだ。(引用終)




元CAということは、
小保方さんとは真逆のタイプ、
夫の仕事には、
一切関わらないタイプだったにちがいない。




男女の仲だったかどうかはともかく、
夫と小保方さんが、
二人だけにしかわからない(科学的な意味でも二人にしかわからない)世界を築いていたということは、
きっと、
永遠に消化しきれない事実にちがいないし、
夫が死んでしまったことで、
問いただすチャンスも奪われ、
「絶望しか見えない」というコメントは、
まさに真実なのであろう。




記事によれば、




笹井氏と小保方さんとの間には、師弟という言葉では説明できない、親密な関係があったとされる。笹井氏は小保方さんを「シンデレラ」と呼び、小保方さんも「センセ、センセ」と深く慕う姿を隠そうともしなかったという。

「上司部下でありながら、2人が特別に親しい間柄に見えていたのは確かです。笹井さんは彼女の研究室に入り浸りで、自分の仕事場には顔を出さない状態が続いていました。毎日深夜まで2人きりで研究室にいる、という話も流れていた。

CDBでは2人の関係が噂されていましたが、問い詰める人はいませんでした。実際にCDBを動かしているのはセンター長の竹市雅俊さんではなく笹井さんでしたから、誰も触れられなかった。そんなアンタッチャブルな雰囲気が、小保方さんを増長させていると不満を漏らす関係者もいました」(笹井氏の知人)(引用終)

 



そうよね、
小保方さんが増長していたのは事実だと思う。




あれくらいの年齢で、
いくらでもモテる女が、
この世で一番強い男のバックアップを受けたら、
世界を手中にしたくらいの感覚を持って当たり前。




笹井教授が命を絶った場所の目の前には、
「笹井城」が建設されていた。




 「CDBに隣接し、再生医療関連の研究機関が入る予定のこのビルは、今年4月から着工しています。土地は神戸市が無償提供して、総工費は38億円にも達する大型プロジェクト。笹井さんが政官学をまとめて資金をひっぱってきたため、『笹井城』と呼ぶ人もいます。笹井さんは『このプロジェクトで世界の再生医療を牽引したい』と語っていました。STAP細胞の研究は、その計画推進のための旗印になるはずだった。騒動が起きてからというもの、笹井さんは『私がいなくなったら、推進棟はどうなるんだ』と漏らしていました」(前出のCDB関係者)(引用終)





不動産て、
怖いと思う。




なんていうのかな・・・




身の丈以上の建物に手を出すと、
人生詰むっていう例を、
今までたくさん見てきた気がする。




豪邸を建てたら、
完成する前に主が死んじゃった、とか、





念願だったマイホーム建てて、
一家で引っ越したら、
直後に子どもが荒れ出した、とか、




もちろん、
不動産だけが直接の原因ではないだろうけど、




ムリして、
自分の実力以上のハコモノ を建てようとすると、
経済的に苦しくなるし、
でも途中でやめることはもうできなくて、
見栄やプライドがないまぜになって、
人間関係までおかしくなるっていうのは、
あるかもしれない・・・




奥様が、
一日も早く、
心の平安を取り戻されることを、
心からお祈りします。




Victoriaでした。 




笹井教授関連の過去記事はこちら。
笹井教授の家族宛の遺書と遺族のコメント 
なぜ日本人は他人の恋愛に寛容になれないのか? 
笹井教授へのエレジー 
女は愛する人の自殺をどうやって乗り越えるのか? 
愛は惜しみなく奪う~小保方さんは再び恋愛できるのか? 
50代既婚男性が20才年の離れた「運命の女性」と出会う時 
結婚を視野にいれない恋愛 (3) 小保方さんは女の武器を使ったのか? 

こんにちは。Victoriaです。

笹井教授の家族宛の遺書の内容と、
 遺族のコメントが発表されました。



きっとどこかへ埋もれてしまうと思うから、
ここに貼っておきます。




<家族宛遺書の内容>





(以下、神戸新聞より→「不当なバッシング疲れた」 理研・笹井氏が家族宛て遺書 )



 理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市中央区)の笹井芳樹副センター長(52)の自殺を受け、遺族の代理人を務める中村和洋弁護士(大阪弁護士会)が12日、大阪市内で会見した。笹井氏の妻と兄宛ての遺書に「今までありがとう」「先立つことについて申し訳ない」などといった言葉とともに、自殺の理由として「マスコミなどからの不当なバッシング、理化学研究所やラボ(研究室)への責任から、疲れ切ってしまった」と書かれていたことを明らかにした。





<遺族のコメント>




(以下、神戸新聞より→笹井氏遺族のコメント全文 )



 
代理人を務める中村和洋弁護士が発表した笹井氏遺族のコメント全文は次の通り。

 このたびは、STAP論文問題および笹井芳樹の突然の死去に関しまして、皆さまには多大なるご迷惑と混乱を引き起こしましたことを深くおわび申し上げます。

 1週間たった今も、私どもは心が混乱し、あまりに突然の出来事を受け入れることができないでおります。深い悲しみとショックで押しつぶされそうです。この半年があまりに長く、私どもも疲れ切っております。今は絶望しか見えません。

 理研(理化学研究所)およびCDB(発生・再生科学総合研究センター)の職員・研究者の皆さまには、このようなことになり、おわびのしようもございません。皆さまの動揺を思うと、胸がつぶれるほどつらいです。今は一日も早く、皆さまに研究・業務に専念できる環境が戻ることを切に願うばかりです。

 理研の先生方、職員の皆さまにはお一人お一人お会いしておわびの気持ちをお伝えしたいのですが、どうぞご無礼をお許しください。

 このたびのことで、私どもも大変傷つき苦しんでいます。報道機関の皆さまには、私どもの心情をどうかご理解いただき、またプライバシーにもご配慮いただき、これ以上の取材などは控えてくださいますよう、どうかお願いいたします。(抜粋終わり)



 
 

笹井教授のご冥福と、
遺族の方に1日も早く平安が訪れることを、
心からお祈りします。





Victoriaでした。 

↑このページのトップヘ